スイマーズ・ショルダーは自分で治せる


当方は競泳を指導していた経歴があります。
自身も過去には、マスターズ大会などへも出場しておりました。
文字通り、水泳の世界にドップリと浸かっていた人間から見て、水泳は子供から老人まで楽しめる素晴らしいスポーツだと思います。

では水泳は何故子供や老人にも楽しめるのでしょうか?

水の抵抗はゆっくり押せば軽く、速く押せば重くなります。つまり水泳では、自分の筋力以上の負荷はかからないのです。これが力の弱い子供や老人でも、水泳を楽しむ事が出きる理由です。よって自分の筋力以上の負担がかかりやすい、ウェイトトレーニング等と比べて、筋肉痛にもなりにくいです。

他にも水泳は、呼吸器系のトレーニングになりますので、心肺機能が強化され、持久力がつき、疲れにくい体を手に入れる事ができます。喘息疾患に対しては、呼吸筋を鍛える事が出来ますし、プール内での湿気は痰を出し易くなるなどの効果もあります。

何よりも水泳は「汗くさくない」と言う、他の陸上競技には無い魅力があります(もちろん汗はかきますが)。

こんなに素晴らしい水泳ですが、特徴的なケガがいくつかあります。まず固体と接触するときにケガをする可能性があります。飛び込んだ際にプールの底に頭をぶつけたり、プールの壁へのタッチをミスしてつき指したり、ターンの際に踵をぶつけたり、他の泳者と衝突したりなどです。水泳は裸に近い状態で行ないますので、これらのケガは出血、感染などの危険も伴います。

ある程度泳げるようになると、肩を痛めることがあります。俗にスイマーズ・ショルダーと言われる疾患です。当方も右肩を痛めた経験があります。多くはクロールの反呼吸側の肩に発生しやすいのですが、背泳ぎでも、バタフライでも発生する場合があります。リカバリーの際、無理な角度で行なうために、三角筋の下層にあるローテーター・カフ(特に棘上筋)が、肩甲骨と上腕骨に挟まれて炎症をおこしている状態です。

r_k_m1

対策としては呼吸側を変えるのが一般的ですが、それでも痛い場合には、練習後にアイシングをしたり、痛みの酷いときには練習を休むことも必要です。またリカバリーの初動で、手の甲を前に向けて戻そうとすると、上腕骨が内旋位のまま外旋せずに、肩峰と上腕骨頭で棘上筋を挟み易くなってしまいます。リカバリー初期の段階から、手の平を水面に向けるようにすると、この挟み込みを防ぐ事が出来ます。

リハビリとして一般的に言われるようなストレッチは、よけいに炎症させる可能性もありますので、動作に痛みが伴う時には行わないようにして下さい。スイマーズ・ショルダーで効果的なのはチュービングです。気をつけの姿勢から、45度くらいまで腕を真っ直ぐにゴムチューブを引っ張ってみて下さい。この角度では三角筋は主動ではなく、棘上筋が収縮します。これにより腕を挙上する動作時に、棘上筋がしっかりと収縮し、肩峰と上腕骨による挟み込みを回避できるようになります。

これでも痛みが残るような場合には、ステップカイロプラクティックにお任せ下さい。スイマーズ・ショルダーや、インピジメント・シンドロームからの復帰には、肩関節の外転と外旋を組み合わせたAKA抵抗運動が効果的です。更には肩甲骨の動きを良くする事で、肩甲上腕関節の過可動を回避したりする事が出来ます。

参考:関節運動学的アプローチ
水泳のケガに関する書籍

写真:Christiaan Botha


施術予約・お問合わせ

■料金表 TEL 03-3889-3902 月~土曜日 9:00~20:00 日曜日   9:00~13:00 祝祭日 お休み ■WEBからの施術予約方法

コメントなし