O脚矯正グッズをきる|これだけは使ってはいけない

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「O脚改善インソールやその他グッズは効果あるのか?」

巷には様々なO脚矯正グッズがあります。中には効果的なものもあるのですが、全く効果が無いものや、逆に悪化する可能性のあるものがあります。
来院されるクライアント様にお聞きすると、結構な割合でこういったグッズを使った経験があるようなので、どれが良くてどれがダメなのかを説明したいと思います。ダメなものは、バッサリと切り捨てます。

まずはコレ

使ってはいけないO脚矯正具

ストレッチングボードに外側が高い傾斜がついたものです。一応リンク貼っておきますが、絶対に使わないで下さい。

そもそも若い女性に多く見られるO脚は、悪い座り方によって骨盤が崩れることが原因となる場合と、立ち方や靴の問題で踵周辺の骨の歪みが原因となる場合、そして骨盤、踵周辺の骨の双方が同時に原因となる場合があります。

足底アーチ

これは左足の踵周辺を後から見た図です。右が内側となります。
通常足の裏には土踏まずがあり、これが一つのショックアブソーバーとなって身体を支えています。ところが間違った立ち方や歩き方、また粗悪な靴を履くことでこのアーチが消失してしまう事があります。

足底アーチが崩れた図

踵(踵骨)の上に距骨と言う骨が乗っているのですが、この距骨下関節で踵が内側に倒れる事(距骨下関節回内)でアーチの欠如が発生します。この距骨下関節回内により、下肢は内側にねじれ(内旋)、これが骨盤の坐骨間を離開、骨盤全体を前傾させ、O脚が出来上がります。

すると内踝(a)とその周辺の骨が内側に突出してきますので、足をそろえて立つとこの内踝周辺がぶつかり易くなります。
この距骨下関節回内は、逆に骨盤、股関節からの発生機序でも起こります。つまりO脚は骨盤の歪みと、踵周辺の骨の歪みがセットになっている場合がほとんどで、どちらか一方だけを矯正しててもO脚は改善しません。

話を戻すと、先の外側が高い傾斜がついたストレッチボードはこの距骨下関節回内を促進させる事になります。同様にO脚矯正用のインソール(足底板)として外側に高い傾斜がついたものがあります。

O脚に使ってはいけない外側ウエッッジ

これも最悪です。何故堂々とO脚改善を謳っているのでしょうか?

外側ウェッジは先の説明とおり、アーチの欠如、下腿、下肢の内旋を引き起こしO脚になります。インソールを使うのであれば、踵をホールドしつつ、足底アーチを支えるものを探して下さい。ソルボのインソールは安価で、実際の使い心地も良いです。

私もソルボの内側アーチサポーターを長距離のジョギング時等で使用しておりますが、非常に快適です。

ただし、これら踵周辺の歪みが後天的な場合は、インソールだけで補えるものではありません。歪みが半固定化している場合は、可動性を回復させる施術が必要となりますし、施術後の状態を維持させる為には、アーチを作る筋のエクササイズも必要です。インソールはあくまでも自力で支えられるようになるまでの補助として使用すべきで、依存しすぎると逆に筋を弱化させてしまいます。

「良いグッズもある」

もちろん先天的、器質的な問題で踵周辺に歪みがある場合は別です。このような場合は、擬似的に踵をサポート、アーチをリフトしてみて、O脚が変化し、足根骨周辺に痛みが出ないようであれば、足型を取り専用のインソールをオーダーする必要があります。

踵周辺の骨の歪みと同様に、O脚を矯正するうえで重要なのは骨盤と股関節です。骨盤の矯正はO脚を大きく改善させる事が出来ます。補助的な矯正グッズとしては、下のようなクッションが効果的だと思います。

当然の事ですが、これだけでは骨盤の歪みを正しく矯正する事は出来ませんので、専門家にO脚矯正を受ける必要があります。


当院でのO脚矯正施術結果を公開

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

■本当にO脚矯正されたのか? 機能的なO脚とは、日頃の不良姿勢等が大きく影響しています。 関連記事: 膝から下の骨が曲がって見える件/O脚の悩み O脚になる方法 O脚になる原因/あなたは勘違いをしている O脚の種類/人に …

コメントなし

施術予約・お問合わせ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

■料金表 TEL 03-3889-3902 月~土曜日 9:00~20:00 日曜日   9:00~13:00 祝祭日 お休み ■WEBからの施術予約方法

コメントなし