腰痛【Lumbago】とカイロプラクティック

納得行かない腰痛【Lumbago】の診断

腰痛で整形外科を受診すると、何枚もレントゲン写真を撮ったあげく
「骨には異常ありません」
と言われてそれで終わり。お忙しいのか、各種検査をするのが面倒なのか、レントゲンに何も映っていなければ
「腰痛症」
で片づけられてしまう事が多いです。腰痛症って何ですか?ただ
「あなたは腰痛です」
って言われてるだけですよね。何故痛いのですか?どの組織が痛みを発しているのですか?


単純なレントゲンのみの診断は、構造や器質的な問題のみを見ているだけであり、実際の症状とは関連性がありません。変形性腰椎症の進んだ患者さんであっても、それほど痛みを感じない方もいますし、キレイな腰椎をしていても痛みを強く訴える方もいます。そこで最近では筋・筋膜が原因と考えるようになりましたが、レントゲンに映っていなければ、筋肉と考えるのは単純過ぎる、と思うのは私だけでしょうか。
あげくのはてに、その痛みが強ければ、神経学的検査に異常が無くても
「椎間板ヘルニア」
と診断される例を多く見ます。これは狭小化したレントゲン像と、痛みの度合いだけでの診断としか言いようがありません。診察した医師の主観でしかなく、病名などどうでも良いと考えているとしか思えません。患者さんは
「何が、何で痛いのか」
を知りたいのです。そしてその部位を回復させる処置をして欲しいのです。ところが、整形でのお決まり治療コースと言えば、電気治療器をあてて、自動牽引器にて牽引。帰りに痛み止めの内服薬、シップ、痛みが強ければ注射。椎間板ヘルニアの手術に至っては、その成功率の低さが、診断の適当さを露呈しています。

腰痛を理解しよう

腰痛がなかなか改善しないのは、患者さん側にも問題があるように思います。自身の力で腰痛を治して行こうという努力が感じられない方が多いです。腰痛はたくさんの種類がありますが、その多くは自分自身の努力で、痛みを軽減させる事が出来ます。あなたは腰痛を治療家まかせにしていませんか?ご自分の腰を少しでも理解して、日常生活を工夫し、再発予防の為の運動を行いましょう。きっと今よりも快適に暮らせるはずです。

  1. 知らなかった腰の仕組み

施術予約・お問合わせ

■料金表 TEL 03-3889-3902 月~土曜日 9:00~20:00 日曜日   9:00~13:00 祝祭日 お休み ■WEBからの施術予約方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
コメントなし

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+