O脚の種類/人によって違いますよ

同じようにO脚矯正しているように見えて、実は人によって施術内容違います。
もちろん同タイプのO脚であれば、同じほぼ施術内容だったりする場合もありますが。
メシネタになりますので、あまりO脚の種類について記述している本やサイトはありませんが、構造医学の本がO脚について詳細を解説しています。

構造医学の原理
構造医学の臨床
構造医学解析

構造医学的にはO膝を正面から見ずに、側面から見る事がポイントとなります。

1.膝が半屈曲位
2.膝が過伸展位
3.膝が伸展位
この簡易解説をします。
O脚で膝が半屈曲位の場合は、後天的O脚の可能性が高く、腰椎カーブが消失し、骨盤後傾している場合が多いです。高齢者に多いパターンですね。
次にO脚で膝が過伸展位の場合ですが、これも同様に後天的O脚の可能性が高く、腰椎カーブも過伸展し、骨盤は前傾している場合が多いです。若い方に多いパターンです。

この時点で既に身体の歪みのパターン等が真逆な事に気づくかと思います。
・腰椎カーブ
・骨盤の傾き
・年齢層
は同じO脚と言う括りであるにも関わらず、全く逆です。
O脚は脚のみではなく、身体全体とのバランスによって出来上がっていますので、施術、矯正箇所は骨盤、腰椎、脊柱にまで及びます。よって同じO脚でも膝が半屈曲位か、過伸展位かによって施術、矯正の方向性は違うのです。

更にオモシロイ事に(?)右脚は半屈曲位で、左脚は過伸展位(伸展位)と言うケースがあったりします。と言うか通常、このミックスパターンのほうが圧倒的に多かったりします。この場合骨盤に非対称性の歪み、腰椎の側湾などがあり、その歪みは脊柱全体に波及している場合が常です。このO脚に伴う脊柱側弯(歪み)が長期化している場合、脚だけを矯正しても身体の歪みがまたO脚に引き戻してしまいますので、脚とともに脊柱の側弯、歪みを矯正する必要があります。

人間は立位時に重力に晒されています。重力に逆らいバランスを保って立っているのです。長時間の不良姿勢や左右不均等な座位は、骨盤、脊柱を歪ませます。そしてO脚を作ったりもするのです。
O脚になる方法
O脚になる方法2
この出来上がった歪みは人ぞれぞれです。つまりそれを矯正する方法も、「それぞれ」と言う事です。

最後にO脚で膝が伸展位について説明します。この場合先天的要素がかなり高く、矯正には困難を要します。O脚がノーマルな状態な訳ですから、O脚を矯正する事はアブノーマルな状態に変容させる事になります。

人間には関節に“遊び”の範囲がありますので、骨盤、膝、足首周りの“遊び”の範疇で、徐々に矯正してゆきます。その過程は外反母趾を作ったり、歯列矯正する過程に似ています。また後天的O脚よりも長期間の矯正を要します。

膝が半屈曲位、膝が過伸展位の方でもO脚の期間が長ければ、既にO脚の状態に合うように関節が形成されてしまっている場合がありますので、「小学校の頃からO脚だった」と言うような方は、先天的O脚に準じた矯正方法、期間を要する事になります。


施術予約・お問合わせ

■料金表 TEL 03-3889-3902 月~土曜日 9:00~20:00 日曜日   9:00~13:00 祝祭日 お休み ■WEBからの施術予約方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
コメントなし

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+